小学生の頃のあたし。。

小学生の頃。。




初めて恋した人は


あたしによくこんな事を話してくれた。。




いずれにしたってアップデイトなドリル刃先程しかねえクローゼットの簾クォークじゃァ、物を入れるにしたって心許ねえ話。


気になってメートレスの巣穴を覗いてみりゃァ案の定。


臨時雇いのコンビニ奉公人がピアスを弄びながら仏頂面するような丑三つだ。


惚けた御覧見逸らしのプリン塩基当該点の女亭主の方はと言うと

此が股火鉢の電子親和力に乏しくて甲斐なし。





まァな。




さめざめと番茶で塩を溶かすようなチーフマネージャーの寓居まで廃兵の塹壕に隠れながらやってきて

工場から送られてきたハンバーグを規定時間きっちり使って焼き上げる体は確かに可愛いんだが、


その一方で家電品を寄せ集めちゃァ、フリーマーケットの御開帳とやりたい放題。


可塑性があるのをいいことに観察池の水を濁すような真似しやがって。

どうにもおいら気がおさまらねえ。


そこで、だ。

ものは相談なんだが、ある定まった量Vを引き連れた商人ステファン・グリコースH2型ロケットの野郎をだナ、

戸張の隙間から計算式掻払ったおめえさんとおいらで

止める水茶屋もねえ程にこっぴどく口説こうと思うんだが、どうだい。













――


と、いつもこんな感じで・・


とにかく、


あたしと彼は会う度エッチばかりしていた。。




*←prev|next→#
-1-

index 散文/詩top

- XRIA -