鼠径部設立。。

高校時代の親友、ゆう。。



ほどなく、あたしは彼の子供である分離形硬質ビニル管を孕んだ。


それは、あたしが排卵した接地線と彼が放出した屋内線とが結合し、元々子宮の中にあった硬質ビニル管に着床した結果だった。


コリント式の電柱に逸化しかけていたあたしはかなり動転していたから、邁進する小学生の集団下校が如くタクシーに飛び乗り八丈島経由で延岡を目指した。


一酸化二窒素が充満する車内であたしは事あるごとに二項対立していたクラスメートのゆうと鼠径部を設立した。


ゆうもあたしとおなじようにいやらしい女子だったから、連担都市における工業分散指数は0だった。




*←prevnext→#
-9-

index 散文/詩top

- XRIA -